トリキュラーとホルモンバランスに対する男性の理解

女性は、妊娠や出産のための排卵サイクルがあり、28日周期でホルモンのバランスが変化します。
そのため、体の痛みや倦怠感、頭痛などの体調不良や、それに伴うイライラした気分に悩まされる女性は少なくありません。
これらの問題は、男性にはなかなか実感できないため、理解を得られにくく、つらいものです。
とくに、生理が始まる直前、ホルモンバランスを原因とする症状が重くなる場合は、月経前緊張症といわれ、症状を安定させるために、低容量ピルが処方されます。
また、妊娠を望んでいないときに避妊の確実性を高めたり、男性だけに頼らない避妊の手段として、ピルを使用することも有効です。
そのなかでも、トリキュラーは、卵胞ホルモンであるエストロゲンの配合量は服用期間を通して同じで、黄体ホルモンのプロゲストーゲンの配合量は3段階に多くなる段階型三相性の低用量ピルです。
自然のホルモン分泌に近いパターンになるように、薬の含有量を調節してあるのが、トリキュラーの大きな特徴です。
トリキュラーの使用で、生理通などの症状を抑えることができたり、生理周期を確実にできたりすることは、生活する上でのストレスを大きく軽減できます。
そのため、トリキュラーの服用に際しては、パートナーの男性の理解を得て、正しい順番を守って使用することが大切です。
また、注意点としては、飲み始めたときに生理以外の不正出血や胸が張る症状などがみられる場合がありますが、ホルモンの変化が原因であることがほとんどです。
副作用と見られる症状があったら、服用を続けることに問題がないかどうかを医師に確認することが大切です。
ホルモンバランスの乱れに関して、男性に理解しにくくても、実際に体調が改善されることで、ピルの有効性を示すことも可能です。