「希発月経」「頻発月経」とは

正常月経の場合、月経開始日から次の月経開始日までが25から38日周期で起こります。
この周期が24日以内の場合、頻発月経と呼ばれます。
逆に39日以上の場合を希発月経といいます。
これとは別に3か月以上月経がない場合は無月経と呼ばれます。

希発月経、頻発月経とも排卵性と無排卵性があります。
排卵性である場合、卵子が作られているため問題ありませんが、無排卵性の場合は不妊症となる場合があるので気をつけなくてはなりません。

排卵しているかどうかは、基礎体温をつけることでわかります。
グラフ化するとより明確にわかります。
1から2周期の基礎体温をつけてみましょう。

思春期や更年期の場合、ホルモンバランスが崩れやすく希発月経や頻発月経になることがあります。
また、過度なダイエットや精神的ストレス等でも起こります。

希発月経と頻発月経は、不妊症の原因となる場合や子宮筋腫といった他の病気が原因である可能性があるため、医療機関の受診が必要です。

原因を調べる検査としては、ホルモン検査・内分泌検査・エコー検査・基礎体温検査などがあります。
しばらく様子を見ようとなかなか病院を受診しないでいると、治りにくい場合があります。
積極的に受診しましょう。

月経の周期がずれる原因

女性には男性にはない月経があり、通常は毎月訪れるものです。
生理周期が順調でほとんどずれないという場合もあれば、月経が順調ではなく、周期がずれるという人もまた少なくありません。
月経の周期がずれる原因としては、排卵が早まったり遅れたりすることでずれることがあります。
さらに、ストレスも健康に影響が出やすいもので心因的なストレスがかかっている場合にも周期がずれてしまう場合もあります。
周期がずれる場合も、数日程度なら問題はないと言えますが、1ヵ月に2回、3回など頻繁にある場合や長期に生理が来ない、さらに月経が8日以上など長期に続く、さらに短期間に終わってしまうという場合は、治療が必要になる場合もありますので医療機関に相談してみるのも良いでしょう。
生理が乱れがちという方は基礎体温などもつけておくとより健康管理がしやすくなります。
それから、過激なダイエットなども生理の周期を乱してしまう原因となりますので、無理のない範囲で行っていきましょう。
さらに生理が遅れる原因としては妊娠の可能性もありますので、心当りがある場合は検査薬などで確認するという方法もあります。
さらに体がまだ成熟していない思春期や、閉経が近い更年期にも月経の周期が乱れやすくなります。

トリキュラーで正常な月経周期に

女性は、妊娠をしていなければ、1カ月に1度の月経があります。
月経にともなう、生理痛は人それぞれですが、ひどい人も軽い人もいます。

生理は1カ月に1度あるものですが、ストレスや不規則な食生活などにより、正常月経周期でない場合であります。
妊娠をしていない限りは、正常に生理が来ないと不安になりますし、体の調子も悪くなります。
そこで、正常な月経周期をコントロールするために、ピルというものがあります。
ピルの種類の1つとして、トリキュラーがあります。

このトリキュラーは、低用量ピルで、さらには安全性が高く、効果も大きいため、クリニックなどで処方されることが多いそうです。
安全性が高いのは、トリキュラーが体に作用して、体内のホルモン量が穏やかに増えていくことで体にとても優しいそうです。
体に関わる月経周期をコントロールするものなので、安全性が高いものは、使用していて安心です。

また、トリキュラーは値段が安価であるとも言われています。
トリキュラーはピルの1つの種類であるため、月経周期をコントロールします。
そのため、効果を得るためには、トリキュラーを毎日服用し続けていかなくてはなりません。
さらには、生理は毎月あるものなので、トリキュラーを毎月服用しなくてはなりません。
長期間の日々服用するものなので、やはりそれにかかる値段も大切となってきます。