トリキュラーの買い方とタバコとの関係性について

トリキュラーは低用量ピルの一種で、日本でも生理不順の治療や避妊のための手段として多くの女性に活用されています。このトリキュラーをはじめとする低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二つの女性ホルモンを期間ごとにわけて服用することによって排卵を止めていくことができます。さらに、女性ホルモンのバランスを必然的に正常な状態に戻していくことができるので、結果として生理不順などの女性特有のトラブルを解消していくことができます。
トリキュラーの日本での買い方について、通常は婦人科や産婦人科などを受診、処方箋をもらって初めて入手することができます。その際、ピルシート一枚当たりの値段はそれぞれの医療機関によって異なってくるので、少しでも費用を減らしていきたという場合には事前の確認が必須となります。約3000円前後というのが医療機関で購入する平均的な価格なのですが、中にはより費用を抑えようと個人輸入という形でトリキュラーを購入する人もいます。この場合、海外で売られている商品を直接購入することになるので、費用は数百円程度にまで抑えることができます。
トリキュラーはタバコとの相性が非常に悪いといわれています。もともと低用量ピル自体が血栓症のリスクを高めてしまうという副作用があり、その作用を増長させてしまう働きがタバコにはあるのです。そのためタバコを吸っているという人、もしくはトリキュラーの使用自体が初めてという人は、個人輸入ではなく一度専門医の診察を受けておくことをおすすめします。
もちろん、ある程度トリキュラーの使用に慣れた人、定期的に専門医の診察を受けている人であれば個人輸入という買い方でも問題はありませんが、リスクがより高まる可能性があるという人は今一度、その買い方を見直していきましょう。