トリキュラーの効果とは

トリキュラーは、自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の総含有量を低く抑えた段階型三相性の低量ピルで、国内向けの「トリキュラー」と同じ成分のピルです。
トリキュラーは1960年代前半に安全性、確実性が認められた製剤として導入されたピルの一つで、トリキュラーは日本では広く普及している低用量ピルです。
トリキュラーは、主に排卵を抑え、子宮内膜変化による着床を抑え、頸管膜変化により精子通過を阻害して避妊効果が期待できるピルです。
トリキュラーは、卵胞ホルモン配合量は21日間同一ですが、黄体ホルモンの配合量が6日から5日、10日と3段階に多くなります。
トリキュラーは、前半に不要の黄体ホルモンを極力少なくして自然のホルモン分泌と真似ることで、高い避妊効果を維持しつつ1周期あたりの有量を低減させます。
トリキュラーは確実に避妊できる限界までホルモン量を下げている為、他のホルモン剤と比べ副作用が少ないことで有名な低用量ピルの一つです。
トリキュラーは、黄体ホルモン作用および卵胞ホルモン作用により排卵を抑える作用が見られます。子宮内膜変化により着床を抑え、頚管粘膜変化により精子通過を阻害するので通常は避妊に用いられます。
トリキュラーは、他の低用量ピルと同じく、飲み忘れにしっかり服用しなくてはなりません。
医薬品がネットで購入出来るようになった今、海外医薬品を個人輸入する人も増えました。クリニックで処方してもらえば、安全確実にトリキュラーを手に入れることができますが、避妊 値段は、その高い価格がネックです。
そのため、安く手に入れる方法として個人輸入が紹介されているのです。
しかし、手軽に医薬品が買える今、自分でもその中身をよく調べる必要があります。避妊ピルを必要とする人は特にその安全性をしっかりと確かめる必要があるのです。